福岡の人気ネイルスクール完全ガイド

資格ってどんなものがあるの?

就職を有利にするネイリストの資格は、大きく2つに分けられます。

ネイリストの2大資格検定とは

ネイリストとして取得しておきたい代表的な資格は、JNECネイリスト技能検定試験とJNAジェルネイル技能検定試験です。

JNEC(=Japan Nailist Examination Center)は2008年に誕生した、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する検定、JNA(=Japan Nailist Association)は日本ネイリスト協会が主催する、歴史ある検定試験です。JNAには、最近注目されているジェルネイルの検定もあります。

実はこの2つの団体は2008年まで1つでした。JNAからJNECが試験専門期間として独立し、現在のような体制になったのです。

筆記試験の内容など重なる部分が多く、混乱することもあるので、こうした背景も把握しておくといいと思います。

どちらの資格でも変わりはそれほどありませんが、認知度はJNAの方が高いようです。

JNAネイリスト技能検定

NPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が主催する検定。JNAネイリスト技能検定には、JNAジェルネイル技能検定試験とJNA認定講師資格試験があります。最近主流となってきているジェルネイルの技能検定は、プロを目指すならぜひ取っておきたいところ。

JNA認定講師資格試験とは、指導者を目指す方のための資格です。受験するにはある程度の経験や必要な資格などの条件があります。

資格を取得すると、日本ネイリスト協会の講師会の一員として、JNAの活動に貢献することもできます(検定試験の試験管、コンテストの審査員、セミナーの担当など)。


「JNAジェルネイル技能検定」

<階級・受験資格>

  • 初級:義務教育を修了していること
  • 中級: JNAジェルネイル技能検定試験の初級取得者
  • 上級:JNAジェルネイル技能検定試験の中級取得者

<試験内容>

  • 実技試験:ネイルケア・カラーリング(ポリッシュ・ジェル)・イクステンション・ジェルアートなど
  • 筆記試験:爪の基礎知識(構造・消毒・ネイルケアの手順など)・ジェルネイルの基礎知識など

※大まかな試験項目はどの階級もあまり変わりませんが、階級が上がるにつれてより高度な知識・技術が必要になります。


「JNA認定講師資格試験」

<受験資格>

  • ネイリスト技能検定試験1級(JNEC主催)に合格し、合格認定日から1年以上経過していること
  • プロネイリストとして実務経験がある方
  • JNAの個人正会員
  • 受験日において満二十歳以上であること
  • 「JNA認定校」を卒業している方
  • 「ネイルサロン衛生管理士」の資格取得者
  • 「ジェルネイル技能検定試験上級」の資格を取得者

<試験内容>

  • 実技試験、筆記試験(JNAの各種活動内容や組織等についてなど)、面接

JNECネイリスト技能検定

公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)」が主催する、国内で最も歴史がある検定試験。合格するとJNAの検定試験の免除もあるため、まずトライするならこちらをおすすめします。


「JNECネイリスト技能検定」

<階級・受験資格>

  • 3級:義務教育を終了していること
  • 2級:ネイリスト技能検定3級取得者
  • 1級:ネイリスト技能検定2級取得者

<試験内容>

  • 実技試験:ネイルケア・カラーリング・ネイルアート・エクステンションなど
  • 筆記試験:衛生・消毒・爪の構造(皮膚化学)・爪の病気とトラブル・ネイルケアの手順など

※大まかな試験項目はどの階級もあまり変わりませんが、階級が上がるにつれてより高度な知識・技術が必要になります。

 
ページの先頭へ